女医

妊娠したら葉酸を積極的に摂取|時期によって変わる効果

運動して筋力をつける

女の人

妊娠するとお腹が大きくなり、立ち上がったり歩いたりすることが困難になります。そのため、体を動かすことをしない妊婦さんも多くいるでしょう。普段から運動をしない女性でも、妊娠したら軽く運動をするようにしてください。出産は非常に体力を使いますので、ある程度の運動が必要になります。特に、臨月になると多くのトラブルが発生しますので、妊婦さんに最適な運動を紹介します。

子宮自体が大きくなるために、他の器官を圧迫して、ホルモンのバランスも変化するでしょう。そのため、頭痛や腹痛などのトラブルが発生することもあります。トラブルを軽減するためにも、筋肉と体力をつける必要があります。

妊娠初期は見た目の変化は全くありませんでしたが、臨月になると、お腹が大きくなり徐々に下に垂れ下がってきて、臨月に入ると骨盤周りを柔軟にすることが大事になります。骨盤周りの柔軟性を高めることで、骨盤回りの筋肉を鍛えることができるでしょう。筋肉をつけることで、安全に出産できる体を作ることができますので、最初はストレッチからスタートしましょう。股関節の柔軟性がない妊婦は、出産が大変です。毎日少しずつストレッチをすることで、股関節や骨盤周りの柔軟性をアップします。それに伴い筋力をアップさせることができますので、出産のサポートをする筋肉を増やすことができるでしょう。また、スムーズに出産できる体を作ることで、赤ちゃんの負担も軽減するでしょう。臨月の妊婦さんは、自宅でもできるストレッチをしましょう。